電気工事士技能試験の欠陥

2017年度(平成29年度)の電気工事士技能試験から「欠陥の判断基準」が変更され、欠陥のない作品が合格となりました。欠陥の判定については、下記に掲載の「技能試験における欠陥の判断基準」に基づいて行われます。