候補問題 No.7

技能試験の候補問題 No.7の単線図から、一つ一つ順番を追って複線図の書き方を説明しますので、第二種電気工事士技能試験を受験される際の参考にしてください。

候補問題 No.7の単線図3路スイッチ「イ」(2個)と4路スイッチ「イ」(1個)を用いてランプレセプタクル「イ」(2個の内、1個は施工省略)を点滅させる回路です。どのスイッチからもランプレセプタクルが点滅できるように複線図を書いていきます。

4路スイッチ
3か所以上から照明器具をオンオフする際に用いられるスイッチです。3路スイッチの間に4路スイッチを追加すると、何か所からでも照明器具をオンオフすることができます。

複線図の書き方

候補問題 No.7の複線図の書き方を順番に解説していきます。

  1. 複線図にジョイントボックス・アウトレットボックスと電源を配置する公開された候補問題 No.7の単線図の配置通りに、「電源(接地側)」「電源(非接地側)」と、ジョイントボックス、アウトレットボックスを書きます。ジョイントボック内とアウトレットボックス内には電線接続点を設けますので、図記号の代わりに大きめの丸い円と四角(正方形)を書いてください。
  2. 複線図に配線器具等を配置するさらに、ランプレセプタクル「イ」(2個の内、1個は施工省略)、3路スイッチ「イ」2個、及び4路スイッチ「イ」(1個)を追記します。
  3. 接地側(電源)の電線を複線図に書く複線図は、接地側の電線を書くことから始めます。まず、電源(接地側)からジョイントボックス内とアウトレットボックス内を経由し、ランプレセプタクル「イ」(施工省略)の接地側まで線を引きます。ジョイントボックスとアウトレットボックスを通過する線には電線接続点「●」を設け、アウトレットボックス内の電線接続点「●」とランプレセプタクル「イ」の接地側を線で結びます。
  4. 非接地側(電源)の電線を複線図に書く次に書くのは、3路スイッチ「イ」(左側)の非接地側回路です。電源(非接地側)からジョイントボックス内を経由し、3路スイッチ「イ」(左側)の可動接点まで線を引きます。ジョイントボックス内を通過する電源線(非接地側)には電線接続点「●」を設けてください。
  5. 3路スイッチ間の配線を書く今度は3路スイッチ「イ」 - 4路スイッチ「イ」 - 3路スイッチ「イ」間の配線です。3路スイッチ「イ」(左側)の固定接点と4路スイッチ「イ」間、4路スイッチ「イ」と3路スイッチ「イ」(右側)の固定接点間を2本の電線で結びます。ジョイントボックス内とアウトレットボックス内を通過する線には電線接続点「●」(計6か所)を設けます。
  6. ランプレセプタクルの非接地側の線を書く3路スイッチ「イ」(右側)の可動接点からアウトレットボックス内を経由し、ランプレセプタクル「イ」の非接地側へ向かって線を引きます。アウトレットボックスを通過する3路スイッチ「イ」(右側)の接地側電線には電線接続点「●」を設け、その電線接続点からランプレセプタクル「イ」(施工省略)の非接地側まで線を伸ばします。
  7. 候補問題No.7の複線図が完成これで一応、候補問題No.7の複線図は完成です。この複線図を参照すれば技能試験の作品を作ることができるのですが、実際のところ、どこに何色の電線を接続すればよいのか分かりません。電線の色別を分かりやすくするには、電線をケーブル単位でひとくくりにする必要があります。
  8. 施工条件にもよりますが、電線2本はケーブルの2心、電線3本はケーブルの3心、電線4本はケーブルの2心を2本使用しますので、上記複線図のようにケーブル単位で電線を囲んでください。

複線図に電線の色を書く

ケーブル2心には黒色と白色の電線2本が、ケーブル3心には黒色、白色、及び赤色の電線3本が使用されています。電線の色に関しては、電源からの接地側電線は全て白色、電源からの接地側電線は黒色、赤色に関してはどちら側にも使用可能となっています。スイッチの接地側に関しては色別を問われない場合があります。これらの施工条件に従い、これから複線図の線に色を明記していきます。

このページでは電線の色を分かりやすくするためカラーで記載していますが、実際の技能試験では電線の横に「黒」「白」「赤」と記載するなり、各自が工夫して線の色を複線図に明記してください。

  1. 電源線(非接地側)の色を複線図に追記施工条件により、電源(接地側)、ランプレセプタクル「イ」、及びランプレセプタクル「イ」(施工省略)の接地側電線は白色です。
  2. 3路スイッチ間の電線の色を追記3路スイッチ「イ」(左側) - 4路スイッチ「イ」 - 3路スイッチ「イ」(右側)間に関してはスイッチの接地側となるため電線の色別は問われませんが、複線図の書き方の説明のため1組を白色で統一します。但し、ジョイントボックス - アウトレットボックス間のケーブル3心部分において電線の白色は電源(接地側)ですので、当該部分における3路スイッチ「イ」(左側)の接地側電線 2本の内、1本を赤色とします。
  3. 3路スイッチ間における電線の一部の色を追記3路スイッチ「イ」(左側)とジョイントボックス間にはケーブルの3心が用いられ、電線の黒色が『スイッチ「イ」(左側)の非接地側 = 電源(非接地側)』に、白色が3路スイッチ「イ」(左側)の固定接点の一方に用いられていますので、もう片方は赤色となります。3路スイッチ「イ」(右側)とアウトレットボックス間にもケーブルの3心が用いられ、電線の黒色が3路スイッチ「イ」(右側)の可動接点に、白色が3路スイッチ「イ」(右側)の固定接点の一方に使われていますので、もう片方は赤色です。
  4. 複線図に電線相互の接続方法を明記あとはジョイントボックス及びアウトレットボックス内における電線相互の接続方法を明記します。昨年度の電気工事士技能試験の施工条件によると、ジョイントボックス内における電線相互の接続にはリングスリーブが、アウトレットボックス内における電線相互の接続には差込型コネクタが指定されています。技能試験の作品を施工する際、間違えて接続しないよう指定された接続方法を複線図に分かりやすく記入してください。
  5. 電線の色別を問われない箇所候補問題 No.7においては、電線の色別を問われない箇所があります。上記複線図の黄色の線が該当しますのでご参照ください。
  6. 以上で、候補問題 No.7の複線図の書き方の説明は終了です。