ランプレセプタクル

白熱電球やLED電球を取り付ける ねじ込み口金のソケットがランプレセプタクルです。
ランプレセプタクルへの結線は時間がかかり、電気工事士技能試験においては電線の外装が器具の内側に収まるように施工しなければなりません。そのため、電線の外装や心線を適切な長さで加工する必要があります。

ランプレセプタクルへの電線の接続方法

ランプレセプタクルの接地側と非接地側ここではランプレセプタクルへの結線方法を説明したいと思います。左記の写真の器具がランプレセプタクルです。通常、器具には接地側に『W』や『N』の明記がされていますが、ランプレセプタクルには接地側の明記がありません。
この場合、電球を取り付ける際に最も接触&感電する危険性がある箇所、つまり受金ネジ部(筒状の形をした部分)が接地側となります。受金ネジ部と電気的につながっている端子が接地側ですので、この端子に接地側電線(原則として白色)を接続します。

ランプレセプタクルへの通線方法 その1ケーブルの外装を8cm程度 剥ぎ取ってランプレセプタクルのケーブル引き出し口に通し、ケーブルの外装の端を台座付近まで出してください。

ランプレセプタクルへの通線方法 その2実際に配線するように心線に”くせ”をつけます。

電線の末端側の切断長さ電線のネジ止めには心線の導体部分が12〜15mm程度必要ですので、端子ネジの手前側から12〜15mm程度の心線が残るように電線の末端側を切断します。
長さの目安として、ペンチの頭の幅が10〜12mmとなっています。

絶縁被覆の剥ぎ取り心線をネジ止めできるように、絶縁被覆を12〜15mm程度剥ぎ取ります。

ねじ止めのための輪心線を剥ぎ取った電線にねじ止めのための輪を作ります。

ランプレセプタクルへの結線完了電線の巻き付け方向に注意しながらランプレセプタクルの端子ネジをドライバーで締めます。絶縁被覆の締め付けや巻き不足、重ね巻き等にはご注意ください。