のの字曲げ

露出型コンセントやランプレセプタルに電線を接続する場合、電線に輪を作ってビス止めしなければなりません。この輪を作る加工をのの字曲げと呼びます。この“のの字曲げ”は簡単そうに見えますが、実際に加工してみると案外難しく、ちょっとしたコツが必要なのです。

のの字曲げのやり方

絶縁被覆の剥ぎ取り長さまず最初に電線の絶縁被覆をペンチよりちょっと大きめにカットします。

ペンチで心線を曲げるペンチで心線を挟んで、90°曲げます。

ペンチで心線を挟む心線の先端部をペンチで挟みます。

ペンチで心線を丸めるペンチをくるっと回して心線を丸めます。

のの字加工の途中心線は写真のような形になってるはずです。

ペンチで心線を掴む心線の先端を写真のように挟んで、もう一度ペンチをくるっと回します。

のの字加工の完成心線が“のの字”に形成されました。

のの字の微調整あとはきれいな“のの字”になるように微調整します。ちょっとしたコツをつかめば簡単にできるようになります。

のの字加工が中途半端ですと、ねじ止めする際、心線がねじの端からはみ出したり、心線の巻き付けが不足したりします。電気工事士技能試験において“のの字”加工は避けて通れない必須の技能ですので、適切に、且つ短時間で加工できるよう何度も練習してください。