ホーム > 筆記試験と技能試験 > 工具と電線 > 電工工具の使い方 > 圧着ペンチ
サイトマップ

電気工事士技能試験に欠かすことのできない一番高価な工具がリングスリーブ用の圧着ペンチです。

圧着ペンチとリングスリーブ

リングスリーブの圧着ペンチ

圧着ペンチにはリングスリーブ用のペンチの柄の部分の色が黄色のもの、Y型端子や丸型端子用の赤色のものなどがあります。
(絶縁皮膜が付いたリングスリーブや端子用の赤色の柄のものもあります。)

ですから購入するときは間違えないように必ずリングスリーブ用の黄色の柄のものを選んでください。

圧着ペンチは、アウトレットボックスやジョイントボックスなどの接続箱内でリングスリーブにより電線を接続するときに使われます。

リングスリーブ

リングスリーブにも3種類の大きさ 大、中、小(左記の写真左側より)があり、接続する電線の大きさと本数により適切に選定しなければなりません。
(技能試験でよく使用するのはリングスリーブの小と中です。)

また、圧着ペンチでリングスリーブをかしめる時に使用するダイス(歯)にも決まりがあり、適切に選定しなければなりません。もし電気工事士の技能試験中に圧着するダイスを間違えたり、失敗したりしてもあわてずに静かに手を上げてください。試験官が着てくれますので、「リングスリーブを下さい」と一言言えば新品のリングスリーブが貰えます。リングスリーブの支給に関しては減点の対象にはなりません。


圧着ペンチのダイスの選定について

圧着ペンチのダイス

圧着ペンチでリングスリーブをかしめるときによくする失敗がダイス(歯)の選定ミスです。

圧着ペンチには 特小(1.6×2)、小、中、大 の4種類のダイスがあり、接続する電線の大きさと本数によりダイスを使い分けなければなりません。

以下の表がリングスリーブと圧着ペンチのダイスとの関係です。

リングスリーブ サイズ 電線の太さ・本数 圧着ペンチ ダイス
1.6mm × 2本 特小(1.6×2)
1.6mm × 3〜4本
2.0mm × 2
1.6mm × 5〜6本
2.0mm × 3〜4本

電線の大きさが 1.6mm で 電線の本数が2本の場合のみ圧着ペンチのダイスは特小(1.6×2)です。よく間違えやすいので注意して下さい。

圧着ペンチの圧着方法

リングスリーブによる電線の接続は、リングスリーブの大きさと圧着ペンチのダイス(圧着マーク)にさえ気を付ければ難しいことはありません。

では実際にリングスリーブによる圧着接続をしてみましょう。ここでは、VVF1.6mm の電線を2本 リングスリーブで接続します。1.6mmの電線が2本なのでリングスリーブの「小」を、圧着ペンチのダイスは「特小」を使います。

圧着ペンチの使用方法 その1

VVFの外装を約10cm剥いで、芯線の絶縁皮膜を3〜5cm程度剥ぎます。芯線の絶縁補膜の端を揃えてリングスリーブを”つば”がある方から芯線の導体部分に差し込みます。

リングスリーブを差し込んだら、リングスリーブの中央に圧着ペンチのダイスを合わせます。

圧着ペンチの使用方法 その2

圧着ペンチの柄を握りリングスリーブを圧着します。圧着が不十分ですとペンチの柄は開きませんので、柄を一杯まで握り締めて下さい。

圧着ペンチの使用方法 その3

ペンチの柄を一杯まで握り締めると、圧着ペンチのダイスが開きます。圧着マークがリングスリーブの中央付近に打点されていることを確認して下さい。

もし圧着に失敗したならリングスリーブの直前で電線を切って絶縁皮膜を剥ぎ、もう一度圧着しなおしてください。技能試験では、リングスリーブの追加支給は減点の対象にはなりませんので、試験の係員にリングスリーブを貰って下さい。

圧着ペンチの使用方法 その4

リングスリーブの先端で、突き出た芯線をペンチで切断します。