電工工具の使い方

電気工事士技能試験は、単線図と施工条件に従って支給された材料から簡単な配線(回路)を施工する試験です。配線の施工には電工ナイフやペンチ、ドライバーなどといった電気工事用の工具が必要不可欠で、それらの工具を使用しなければ技能試験の採点対象となる作品を完成させることはできません。

試験時間は短く、第一種電気工事士の場合で50〜60分程度、第二種電気工事士の場合ですとさらに短く30〜40分程度です。技能試験はまさに時間との戦いです。時間節約のために、また安全に作業できるように電工工具の正しい使い方をマスターしてください。