電線の接続方法

電気工事士技能試験においては、電線相互の接続にリングスリーブや差込形コネクタなどの器具を用いたり、ねじり接続を施したりします。

電気は水やガスとは異なり目に見えませんから接続器具の使い方を誤ったり接続の仕方が不十分ですと、接続箇所が過熱したり絶縁不良で感電したりと大変危険です。ですから技能試験には必ず電線の接続作業が出題され、正しく電線をつなげることができるかをチェックされます。

技能試験では、リングスリーブをはじめ、差込形コネクタなどの器具、もしくはねじり接続などにより電線相互を接続します。接続箇所が緩まないように正しく施工しないと欠陥施工とされ、技能試験の合格は難しくなります。なので、ちきんとした電線の接続方法マスターしてください。

接続方法の種類

現在の電気工事士技能試験では電線相互の接続にはリングスリーブや差込形コネクタが主に使われており、ねじり接続はここ数年出題されておりません。またリングスリーブや差込形コネクタなどの登場により、直線ツイストジョイントや分岐ツイストジョイント、S形スリーブなど用いる方法は使われなくなりました。