とも巻き接続とは

電線3本もしくは4本を接続する場合には「とも巻き接続(たこ足接続)」をします。

今の電気工事士技能試験には、とも巻き接続による施工は出題されていませんが、リングスリーブや差込コネクタの持ち合わせがないときに使うことがありますので掲載します。

とも巻き接続の方法

とも巻き接続の方法芯線の絶縁皮膜を剥ぎ取り、芯線の根元をペンチでしっかりと挟みます。
電線を巻く側は15cm程度、巻かれる側は5〜7cm程度の絶縁皮膜を剥ぎ取ります。

とも巻き接続のはじめ長い芯線を直角に曲げます。

とも巻き接続の途中右手の親指と人差し指を使って長い芯線で2本の短い芯線をギュッと締め付けるように巻きつけます。締め付けが弱いと接合部がグラグラ動いてしまいますのでしっかり巻きつけます。

5回以上芯線を巻きつける5回以上巻きつけます。

とも巻き接続の完了巻きつけ完了

とも巻き接続の端末処理芯線の先端を3mm程度残してペンチで切断するか、写真のように折り返して端末処理をします。