技能試験で"ねじり接続"は出題されるの?

管理人が第二種電気工事士技能試験を受験した頃は、電線相互の接続に"ねじり接続"とリングスリーブによる圧着接続が出題されていました。その後、電線相互の接続にはリングスリーブと差込形コネクタが用いられ、"ねじり接続"や"とも巻き接続"は出題されなくなりました。今後、技能試験において、"ねじり接続"は出題されるのでしょうか?

電気設備に関する技術基準を定める省令の第7条は電線の接続に関して規定しており、「電線を接続する場合は、接続部分において電線の電気抵抗を増加させないように接続するほか、絶縁性能の低下(裸電線を除く。)及び通常の使用状態において断線のおそれがないようにしなければならない。」と定めています。

また、電技解釈(電気設備の技術基準の解釈)の第12条では、省令の第7条に関する内容を以下のように規定しています。

電技解釈では、「接続部分には、接続管その他の器具を使用し、又はろう付けすること」と定めています。"ろう付け"とは"はんだ付け"のことで、ねじり接続で電線相互を接続する場合、電線の電気抵抗を増加させないように必ず"ろう付け"を行わなければいけません。

しかし、電気工事の現場で"ろう付け"しているのを管理人は見たことがありません。現在は差込形コネクタなどの接続器具やリングスリーブによる圧着接続が主流です。

手でねじって接続しただけの不適切な"ねじり接続"により、火災が発生した事例も多くあります。ねじり接続を行った場合は必ず"ろう付け"しなければいけません。

したがって、電気工事士技能試験で"ねじり接続"が出題される可能性は限りなくゼロに近いと思われます。