ねじり接続とは

ねじり接続とは、接続器具を使わずに電線をねじり合わせて電気的に電線同士をつなぐ方法です。
(現在の電気工事士技能試験では、電線相互の接続にはリングスリーブやコネクタが使われており、ねじり接続による方法はほとんど出題されていません。)

このねじり接続は簡単そうにみえますが、ねじりが弱いと手で触っただけで接合部がグラグラ動くので、しっかりとねじらなければなりません。

ねじり接続の方法

ねじり接続の方法それでは実際にねじり接続を施してみます。
まず絶縁皮膜を5〜7cm程度剥ぎ取った芯線の根元をペンチでしっかりと挟みます。

2本の芯線を90度に曲げる2本の芯線がおよそ90°の角度で交差するように曲げます。

2本の芯線をねじり合わせる右手親指と人差し指を使って2本の芯線をギュっと締め付けるようにねじり合わせます。

芯線を5回以上ねじり合わせる5回以上ねじり合わせます。

ねじり接続の端末処理電線の先端をペンチで切断し端末処理をします。
芯線の先端が尖っていると、絶縁テープを巻いたときにテープを突き破るおそれがありますので、先端部は尖らせないように!