ウォーターポンププライヤー

ウォーターポンププライヤーは、電気工事士技能試験で必ずしも使用される工具ではありませんが、金属管や合成樹脂製可とう電線管(PF管)が出題された際にボックスとコネクタとをロックナットで固定するために使用します。

ウォーターポンププライヤーについて

ウォーターポンププライヤー左記写真の工具がウォーターポンププライヤーです。ウォーターポンププライヤーとは、その名の通りの水道関係の工事をはじめ、ガス管工事、電気工事などで使用されています。

電気工事においての主な用途は、ロックナットやカップリングの締め付けですが、電線を挟んだり(掴んだり)、金属管に接地クランプを取り付けたりと使い方は多種作用です。

通常のプライヤーやペンチと比べても柄が長いので力が入りやすく、また、先端部が斜めになっており、壁面や床面などで作業をするときにちょうどよい角度で物を挟むことができますので作業性が向上します。

なお、ウォーターポンププライヤーのジョイント部分は大きくスライドするような構造となっています。ジョイント部分をスライドさせれば先端部分が大きく開き、大きなものをより確実に挟むことが可能となっています。

ウォーターポンププライヤーの使い方

ウォーターポンププライヤーの先端部ウォーターポンププライヤーでロックナットを掴もうと思っても、ジョイント部分がスライドしていない状態では先端部があまり開きませんので確実にロックナットを掴むことはできません。
そこでジョイント部分をスライドさせて、先端部の開度を調整してやる必要があるのです。

ウォーターポンププライヤーの先端部の調整 その1ジョイント部分をスライドさせるにはまずウォーターポンププライヤーの柄を一杯開きます。
(柄が閉じている状態ではジョイント部分をスライドさせることはできません。)

ウォーターポンププライヤーの先端部の調整 その2ジョイント部分を矢印の方向にスライドさせます。

ウォーターポンププライヤーの先端部の調整その3柄を閉じます。

ウォーターポンププライヤーの使い方 その1一般的なウォーターポンププライヤーは5段階程度に先端部の開度を選択できるようになってますので、適当な開度になるように調整してください。

ウォーターポンププライヤーの使い方 その2ウォーターポンププライヤーの先端部を調整することにより確実にロックナットを掴むことが可能となりました。

ウォーターポンププライヤーの使い方 その3