上期試験と下期試験、両方受験できるの?

第二種電気工事士試験は2010年(平成22年)まで年1回実施されていました。2011年(平成23年)に試験システムが変更され、第二種電気工事士は上期試験と下期試験の2回実施されています。

上期試験の受験申込受付期間は3月中旬から4月上旬、下期試験は7月上旬から7月中旬です。上期試験と下期試験で受験申込申込期間は異なりますが、両方の試験を受験することはできません。(2018年度から試験実施方法が変更になり、第二種電気工事士の上期試験、及び下期試験の両方の受験が可能となりました。)

どちらの試験を受験した方が有利なのか?

筆記試験は出題される問題が異なるだけですが、技能試験は計13題の候補問題から出題されます。2011年(平成23年)から2015年(平成27年)までは上期の技能試験が土曜日と日曜日の計2日(試験地ごとに異なる)、下期試験が1日実施されており、それぞれの技能試験ごとに問題が異なっていました。

計13題の候補問題の内、上期試験において2題出題されているから、下期試験は出題されなかった11題について練習しておけばよいと思われがちですが、そうでもありません。何故なら、2016年(平成28年)の技能試験において、地域ごとに異なる問題が出題されているからです。

上期試験と下期試験では試験地の数も異なります。上期試験では全国47都道府県(1つの都道府県で複数会場ある場合もあり)で受験できるのに対し、下期試験では全国10地区の中から試験地を選ばないといけません。岩手県にお住まいの方が宮城県に、鹿児島県にお住まいの方が福岡県にと、試験地選びには移動時間や交通費も考慮しないといけません。(2018年度から試験実施方法が変更になり、第二種電気工事士の下期試験、第一種電気工事士試験ともに試験地が47都道府県全てに設けられます。)

ですから上期試験と下期試験、どちらの第二種電気工事士試験を受験しても有利になることはないと考えられます。

下期試験より上期試験の方が合格率が高い?

下記の表が上期試験と下期試験における合格率です。

電気工事士 上期試験と下期試験の合格率
年度 上期試験 下期試験
筆記試験 技能試験 筆記試験 技能試験
2011年 65.0% 69.2% 42.5% 71.2%
2012年 58.2% 71.8% 42.6% 65.5%
2013年 63.0% 78.1% 60.5% 67.8%
2014年 62.2% 75.4% 42.9% 68.9%
2015年 62.5% 71.8% 51.6% 67.9%
2016年 65.2% 74.1% 46.4% 71.3%

上記の表をご覧いただくと、筆記試験においても、技能試験においても「合格率は上期試験の方が高い!」ということが分かると思います。

「何故なのでしょうか?」

「やはり下期試験の方が試験問題が難しいのでしょうか?」

「そんなことはありません。」

第二種電気工事士試験の受験者の年齢層と職業が、上期試験と下期試験では異なるのです。

電気技術者試験センターが公開している平成28年電気技術者試験受験者実態調査では、上期試験の受験者の内、10代が30%弱に対し、下期試験では20%弱です。また、上期試験を受験した学生は25%弱に対し、下期試験は15%弱です。

上期試験は工業高等学校等の学生が多く、下期試験は就業者の割合が高くなる。学生に比べて就業者は勉強時間が確保しにくい、この辺が合格率の差としてあらわれるのではないでしょうか?