電気工事士の資格対策ソフト

管理人が電気工事士試験を受験した当時は参考書を中心とした学習のみで、過去問なんかほとんど市販されていなかったと記憶しています。それが今では過去10年分程度の試験問題および解説が収録された過去問が登場し、過去に出題された問題を重点的に学習するスタイルへと変化しています。

そして現在、パソコンを用いた学習方法が登場しました。それが資格対策ソフトを用いた学習方法です。メディアファイブが提供している資格対策ソフトはパソコンで学ぶ至高の学習法であり、第一種及び第二種電気工事士試験にも対応している統合型学習システムです。

資格対策ソフトの定番シリーズでもあるこのシステムは多彩な機能がいっぱいで、過去問を様々な出題方法で学習する過去問効率学習法、耳から学習する速耳学習法、過去に解いた問題を定期的に復習する忘却防止学習法、飽きずに楽しく学習できるゲーム学習法、スマホに転送して外出先でも学習できるモバイル学習法など計7つの学習法を搭載しています。教科書や単語帳が収録されていますので参考書は不要、専門家による詳しい解説が付いた問題集も掲載されていますから過去問も用意する必要がありません。

Windows 10/8.1/7を搭載したマシンであれば、自分が好きなときにいつでも学習可能です。
あなたも「パソコン五感学習」といわれるメディアファイブの資格対策ソフトで、電気工事士試験に合格しませんか!

平島式東大合格暗記術 重用用語編シリーズ

試験の前には何度も同じ単語・用語を繰り返して暗記すると思います。何度も何度も繰り返して覚えていると、いつのまにか覚えたつもりになって本番の試験ではその覚えたはずの単語や用語がすらっと頭から出てこない。管理人も電気工事士試験の本番中はそれでよく頭の中が混乱して、本来の実力の半分も出しきれないことがありました。

東京大学文学部卒の平島弘一氏(現 メディアファイブ企画事業部 教育コンサルタント)が中学生のときにあみだした暗記のポイントは、
「電気工事士試験に必要なものだけを覚えて、時間をおいて繰り返す!」
これが知らない単語・用語をなくす合理的&効率的な方法なのだそうです。

過去問突破シリーズ

何度も過去問を解いて正解かどうか答え合わせをする。間違っていた問題は、あとからもう一度チェックするために鉛筆で印を付ける。何度も過去問を解いていると、結局は印だらけになってどの分野が苦手なのかわからなくなる。問題文を読んでいるときにチェックした印があると、どれが正解なのか解答郡をみる前にわかってしまう。あなたはこんな経験ありませんか?

でもメディアファイブの過去問突破シリーズなら問題ごとに正答率を記録できたり、問題をランダムに出題させたり、また本番の試験を受けているかのように過去の試験問題に挑戦できたりと、文書主体の過去問だけでは体験できない学習システムで過去問をマスターできるそうです。あなたもこの過去問突破シリーズの資格対策ソフトで電気工事士の資格取得を目指してみませんか?

毎日10分道場シリーズ

普段は仕事が忙しくて平日はほどんど時間が取れないため、休日である土日に家に一人こもって電気工事士試験の勉強をする。でもすぐに飽きて別のことをしてしまう。管理人もテレビを見ながら資格試験の勉強をしたり、すぐに飽きてゲームや読書をはじめたりと集中することが大の苦手です。

そんな管理人みたいに毎日時間が取れない方や長時間集中するのが苦手な方にピッタリなのが、メディアファイブの資格対策ソフト「毎日10分道場シリーズ」です。学習を進めることでキャラクターのレベルが上がりゲーム感覚で毎日続けられる10分ドリル、ちょっとしたスキマ時間をみつけて重要な用語を短時間集中でマスターすることができます。しかも電車やバスなど長時間かけて通勤・通学されている方におすすめの携帯電話で学べるケータイサイト「学び道場」が6ヶ月使い放題!(パケット通信料は別途必要) 短期集中の学習を毎日コツコツと続けて電気工事士に必要な重要な用語を完全にマスターしてください。