電気書院通信電気学校の通信教育講座

多くの合格者を送り出した実績のある学校「電気書院通信電気学校」では、テキストではなくビデオ学習を主体とした資格取得のための通信教育講座を行っています。

第二種電気工事士を対象にした電気書院通信電気学校の通信教育講座は、基本的な作業のポイント及び手順を学習することができる基本作業ビデオが7本、過去に出題された試験問題をもとに複線図の描き方から実際の施工のポイントまでを丁寧に解説した単位作業ビデオが11本、筆記試験対策用のビデオが4本、さらには技能試験用の工具がセットになっています。電気工事士に必要不可欠な基本作業及び単位作業ビデオがセットになっていますので、参考書の小さな写真だけでは伝わりきらなかった詳細な作業のポイントまで明確に理解できることでしょう。

単位作業ビデオは、技能試験の問題の解き方を複線図の描き方から作品の完成に至るまで詳細に解説していますが、残念ながら現在の候補問題には対応していません。
それは練習の参考になるようにと、はじめて第二種電気工事士試験を受験される方向けに作成された通信教育講座であり、過去に出題された問題の解き方を指導してるビデオだからです。でも参考書を読みながら頭で考えるよりは、映像で直感的に学習したほうが覚えは早いものです。

管理人も実際に参考書で技能試験の基本を学びましたが、参考書の解説どおりにはうまくはいかないものです。大まかなポイントは写真または図解で説明されているのですが、細かなちょっとしたポイントは一切描かれていません。何度も試行錯誤しながら自分なりにコツを掴んだものです。

この第二種電気工事士コースは工具セット(工具箱付き11点セット)に関しては割高ですが、ビデオはコースごとに個別購入も可能だそうです。

また電気書院通信電気学校では第一種電気工事士を対象にした通信教育「独学筆記ビデオ学習コース」も行われており、試験合格に必要不可欠な数学と理論の計算問題の考え方・解き方をビデオ学習できる通信教育講座となっています。詳細は以下のリンク先をご覧ください。

※現在、電気書院通信電気学校の通信教育講座は行われていません。