日本技能教育開発センターの電気工事士受験講座

電気工事士になる最も一般的な方法は電気技術者試験センターが実施する試験に合格することです。電気主任技術者試験の合格者(免状所持者に限る)や、高等学校で電気工学の課程を修めて卒業された方は筆記試験の免除(第二種のみ)を受けられるという例外がありますが、それ以外の方は筆記試験は避けては通れない関門です。

さて、はじめて電気工事士試験を受験される方は本屋さんや大手オンライン書店「Amazon」などで参考書を探されると思いますが、最初は何冊もある参考書に戸惑われると思います。初めて管理人が資格試験用の参考書を買ったときにも自分に合うものが見つからなく、何件も本屋を梯子した記憶があります。

そんな参考書選びにお困りのあなたにおすすめしたいのが通信教育講座です。ホームページ「JTEX(ジェイテックス)」で紹介されている日本技能教育開発センターの電気工事士受験講座は、テキスト及びレポート等の提出システム、さらに単位作業試験対策用のDVD(またはビデオ)などがセットになった期間4ヶ月の通信教育講座です。

しかも技能試験の練習に便利な材料セット付きです。VVFなどの電線、露出コンセント、リングスリーブといった一般的な電材(電気材料)はホームセンター等で入手可能なのですが、アウトレットボックスや ねじなしコネクタといった電気工事屋さんが配線工事で使用するような本格的な電材はまず入手不可能です。
東京や大阪近郊にお住まいの方であれば秋葉原、日本橋といった電気街で揃えることもできますが、それ以外の地域にお住まいの方は電材卸売店などでしか入手することができません。しかしこの日本技能教育開発センターの電気工事士受験講座なら技能試験の練習に必要な材料セットが全て揃っていますので、あとは工具を揃えるだけ済みます。

電気関係の業務に従事する方や設備管理技術者にとって電気工事士はなくてはならない資格です。あなたも日本技能教育開発センターの通信教育講座で合格を目指しませんか?