筆記試験におすすめの参考書・過去問題集

電気の入門資格といわれているくらい簡単(?)な資格が第二種電気工事士です。国家資格であるにもかかわらず筆記試験の合格率(合格者 / 受験者)は第二種電気工事士においては60%程度、第一種電気工事士で40%程度、上位資格である第三種電気主任技術者の合格率が10%程度ですから決して難しい資格ではありません。

筆記試験の参考書

工学系学校の出身者ならまだしも、全然電気とは縁がない方が電気工事士試験に合格するのは難しいことだと思われるかもしれません。しかし実際の筆記試験には毎年似たような問題が出題されています。ですから、参考書で基礎知識を学び、過去問を繰り返して解けば実力はかなりつくはずです。

参考書の選び方

管理人が参考書を購入する際には、二つのポイントを重視しています。

まず一つ目のポイントは、図や絵、写真などのイラストを豊富に使用しているかどうかです。これらのイラストが多くあると、文章を読まなくてもそのページに記載されている電気工事士に関する筆記試験のポイントをある程度は把握することができますし、場合によっては文章より簡潔に説明されていることもあります。

もし参考書が文章や公式のみで構成されていたら読むのに相当の時間が掛かりますし、文章で説明されている内容を頭の中にイメージすることは困難です。特に位置や構造などは文章で説明されてもなかなか理解できませんが、イラストであれば一目で理解することが可能です。

そして二つ目のポイントは、電気工事に関する内容がある程度詳しく書かれているかどうかです。試験範囲の要点しか書かれていない参考書ですと、あまり出題されない専門用語や公式、工事方法などが省略されていたりします。どうせお金を出して買うのなら、筆記試験の受験対策にしか使えない要点だらけの物よりは、免状取得後も実用的に使える参考書を選びたいものです。

筆記試験の過去問題集

前述したように、筆記試験では毎年似たような問題が出題されています。便利なことに本屋に行けば、過去の筆記試験において出題された問題と解答とを掲載した過去問と呼ばれる問題集が売られています。過去問題集でしっかりと電気工事士試験の対策をすれば合格も近いことでしょう!

過去問題集の選び方

過去に実施された電気工事士試験の問題集ですから、掲載されている問題はどれも一緒です。ただ違うのは、設問の解答に対する解説です。過去問題集の中には簡単な解説しかないものや、ワンポイントアドバイスなど役立つ内容を解説に盛り込んだものまでさまざまなタイプのものがあります。

過去問題集にとって解説は大切なポイントです。
「答えが何故そうなるのか?」
そんな疑問を解決してくれる過去問題集を選びたいものです。