法令の問題 その1

問題1 電気工事士法で定められている用語の定義について正しいのは次のうちどれか?
  • (1)電気工事士とは、第1種電気工事士、第二種電気工事士及び認定電気工事従事者のことをいう。
  • (2)電気工事とは、一般用電気工作物又は自家用電気工作物を設置し、変更し、又は改造する工事をいう。
  • (3)一般用電気工作物とは、電気事業法で規定されている一般用電気工作物のことをいう。
  • (4)自家用電気工作物とは、発電所、変電所、最大電力500キロワット以上の需要設備の総合体をいう。
  • (5)最大電力500キロワット以上の需要設備は全て自家用電気工作物から除外される。
問題2 第2種電気工事士の免状に関する以下の記述について正しいのは次のうちどれか?
  • (1)経済産業大臣は第2種電気工事士免状の返納を命ずることができる。
  • (2)第2種電気工事士免状は、第2種電気工事士試験に合格し、経済産業省令で定める実務の経験を有する者に交付される。
  • (3)第2種電気工事士は、第2種電気工事士の免状の交付を受けてから5年以内に自家用電気工作物の保安に関する講習を受けなければならない。
  • (4)第2種電気工事士免状を所持するものは、特殊電気工事(ネオン工事と非常用予備発電装置工事)に従事できる。
  • (5)電気工事の作業に従事するときは、電気工事士免状を携帯していなければならない。
問題3 第2種電気工事士が従事できる工事の範囲について正しいには次のうちどれか?
  • (1)一般用電気工作物に係る電気工事
  • (2)最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物に係る電気工事
  • (3)全ての自家用電気工作物に係る電気工事
  • (4)ネオン工事
  • (5)非常用予備発電装置工事
問題4 以下は電気工事士法の第1条である。誤っているのは次のうちどれか?

電気工事士法は、 電気工事の作業に従事する者 資格及び 義務を定め、もつて 電気工事の欠陥による 火災や感電事故の防止に寄与することを目的とする。

問題5 軽微な工事とされ電気工事から除外されているのは次のうちどれか?
  • (1)インターホンに使用する一次電圧100V、二次電圧24Vの小型変圧器の一次側配線工事
  • (2)650Vで使用する電動機の端子に電線をねじ止めする工事
  • (3)小型変圧器(二次電圧24V)の一次側電線と電源線(100V)とをリングスリーブで圧着接続する工事
  • (4)400Vで使用するナイフスイッチにキャブタイヤケーブルを接続する工事
  • (5)定格遮断能力20Aの配線用遮断器を配電盤内に取り付ける工事
問題6 特定電気用品の適用を受けるのは次のうちどれか?
  • (1)定格100V、消費電力1.2kWの電気カーペット
  • (2)定格100V、消費電力1.5kWの電気ジャー
  • (3)定格100V、消費電力0.8kWの電気便座
  • (4)定格100V、消費電力1.2kWの電気アイロン
  • (5)定格100V、消費電力0.5kWの電気こたつ
問題7 特定電気用品以外の電気用品の適用を受けるのは次のうちどれか?
  • (1)ライティングダクト
  • (2)袋打ちゴムコード
  • (3)定格電圧100Vのジョイントボックス
  • (4)定格電圧100Vのタンブラースイッチ
  • (5)定格遮断容量20Aの配線用遮断器
問題8 次のうち自家用電気工作物に該当するのはどれか?
  • (1)低圧受電で5kWのディーゼル発電設備を有する公会堂
  • (2)低圧受電で15kWの太陽電池発電設備を有する店舗
  • (3)低圧受電で15kWの風力発電設備を有する工場
  • (4)高圧受電で受電能力が30kWの集会所
  • (5)高圧受電で受電能力が50kWの事務所
問題9 次の電気工事の中で第二種電気工事士ができるものは?
  • (1)接地線を自家用電気工作物に取り付ける作業
  • (2)電圧22000Vで受電している工場の電動機に、電線を接続する作業
  • (3)高圧受電で受電能力が50kWの工場内に配電盤を増設するため、造営材に配電盤を取り付ける工事
  • (4)高圧受電で受電能力が45kWの事務所内に定格電圧100Vの埋込型コンセント回路を増設する工事
  • (5)自家用電気工作物を設置している工場の電気工事
問題10 一般用電気工作物のみを扱う営業所に備え付けなければならない測定器具は次のうちどれか?
  • (1)接地抵抗計、絶縁抵抗計、回路計
  • (2)回転計、絶縁抵抗計、回路計
  • (3)検電器、絶縁抵抗計、接地抵抗計
  • (4)接地抵抗計、電流計、絶縁抵抗計
  • (5)絶縁抵抗計、電力計、接地抵抗計