候補問題 No.13の複線図

自動点滅器を用いた屋外灯の点滅回路が特徴の候補問題です。自動点滅器と屋外灯間のケーブルには、VVRの1.6mm×2芯が用いられています。また、引掛シーリングの点滅回路とコンセント回路の施工が必要です。

昨年度の第二種電気工事士技能試験の候補問題No.13と同様の回路ですが、ジョイントボックス−自動点滅器間のメタルラス壁は今年度の候補問題には描かれていません。

自動点滅器
周囲の明るさに応じて照明器具の入切を行う装置で、EEスイッチとも呼ばれます。一定以下の暗さになると自動点滅器の内部にある接点が閉じて照明器具が点灯します。また、一定以上の明るさになると自動点滅器の内部にある接点が開いて照明器具が消灯します。
電気工事士の技能試験においては、自動点滅器の代用品として3極の端子台が用いられます。

複線図の描き方

何度も同じことを書いていると思いますが、候補問題の複線図を描く際には原則として常時電圧が掛かっている部分を描きます。候補問題 No.13においては、自動点滅器の電源とコンセントに常時電圧が掛かっていますので、それらの箇所の複線図を最初に描きます。

まずはじめに、電源から自動点滅器の電源端子まで2本の電線を引っ張ります。2か所のジョイントボックス内でそれぞれ電線接続点を設けます。右側ジョイントボックス内の電線接続点から接地側電線と非接地側電線を引っ張り出して、コンセントへと接続します。

次はランプレセプタクルの点滅回路です。左側ジョイントボックス内の非接地側電線接続点から電線を引っ張り出してスイッチ「イ」の非接地側へ、スイッチ「イ」の接地側から2か所のジョイントボックスを経由してランプレセプタクルの非接地側へ配線します。ランプレセプタクルの接地側は右側ジョイントボックス内の接地側電線接続点へ接続します。

最後に自動点滅器の負荷側ですが、複線図を参照し屋外灯まで配線してください。なお、接地側と非接地側の区別がありますのでご注意ください。

技能試験の候補問題No.13 候補問題No.13の複線図 候補問題No.13の完成予想図