候補問題 No.11の複線図

単線図をみると、スイッチ「イ」による引掛シーリングの点滅回路、スイッチ「ロ」によるランプレセプタクルの点滅回路、及びコンセント回路から構成されていることがわかります。また、ジョイントボックスとコンセント・スイッチ「イ」間には金属管が使用され、電線もIV線の1.6mmが用いられます。

金属管工事
金属製の管の中に電線を通して配線する工事で、どんな場所でも施工できます。電気工事士技能試験においては、ねじなし電線管、ねじなし管用ボックスコネクタ、 絶縁ブッシング及びロックナットが用いられます。

複線図の描き方

候補問題 No.11においては、最初にコンセント回路部分の複線図を描きます。電源からアウトレットボックスを経由し、コンセントまで配線します。アウトレットボックス内においては、非接地側電線と接地側電線に接続点を設けてください。

次に引掛けシーリングの点滅回路です。コンセントの非接地側からわたり線を出してスイッチ「イ」の非接地側へ、スイッチ「イ」の接地側から引掛けシーリングの非接地側に接続します。引掛けシーリングの接地側はアウトレットボックス内の接地側電線接続点と結びます。

最後にランプレセプタクル部分の複線図です。アウトレットボックス内の非接地側電線接続点からスイッチ「ロ」の非接地側へ、スイッチ「ロ」の接地側からランプレセプタクルの非接地側、ランプレセプタクルの接地側はアウトレットボックス内の接地側電線接続点へ接続します。

技能試験の候補問題No.11 候補問題No.11の複線図 候補問題No.11の完成予想図