候補問題 No.10の複線図

候補問題 No.10は、パイロットランプの同時点滅が特徴です。スイッチ「イ」がオンでパイロットランプが点灯、スイッチ「イ」がオフでパイロットランプが消灯します。また、スイッチ「イ」のオンオフで引掛シーリングとランプレセプタクルが点滅します。

複線図の描き方

電源にはブレーカーが設置されていますブレーカーにはL(ライン)とN(ニュートラル)があり、Lに非接地側の電線(黒色)を、Nに接地側の電線(白色)を繋ぎます。複線図はブレーカーからコンセントまでの回路を最初に描きます。ブレーカーからコンセントまで2本の線を引っ張り、ジョイントボックス内において電線接続点を設けます。

次は点滅回路の複線図を描きます。コンセントの非接地側からわたり線を出してスイッチ「イ」へ、スイッチ「イ」の接地側からジョイントボックス内まで電線を伸ばし、電線接続点を設けます。その電線接続点から2か所に分岐し、引掛シーリングとランプレセプタクルの非接地側へ、各器具の接地側はジョイントボックス内の接地側電線接続点に繋ぎます。

最後はパイロットランプの同時点滅回路です。同時点滅ですからスイッチ「イ」と連動するよう、パイロットランプをスイッチ「イ」の接地側に設置します。複線図としては、スイッチ「イ」の接地側からわたし線を出してパイロットランプへ、パイロットランプからジョイントボックス内の接地側電線接続点となります。

技能試験の候補問題No.10 候補問題No.10の複線図 候補問題No.10の完成予想図