候補問題 No.7の複線図

3路スイッチ 2個と4路スイッチ 1個を用いてランプレセプタクルを点滅させる回路です。どのスイッチからもランプレセプタクルが点滅できるように複線図を描いていきます。

4路スイッチ
3か所以上から照明器具をオンオフする際に用いられるスイッチです。3路スイッチの間に4路スイッチを追加すると、何か所からでも照明器具をオンオフすることができます。

複線図の描き方

候補問題No.7においては、常時電源が供給されている器具がありませんので、3路スイッチ間の複線図を最初に描きます。まずスイッチ「イ」(単線図左側)の固定接点と4路スイッチ「イ」を、4路スイッチ「イ」とスイッチ「イ」の固定接点(単線図右側)を2本の線で繋ぎます。(この箇所については、非接地側と接地側の区別はなし)

次に電源の非接地側を配線します。電源の非接地側はスイッチ「イ」(単線図左側)の可動接点へ接続します。スイッチ「イ」(単線図右側)の可動接点はアウトレットボックス上側のランプレセプタクル非接地側へ接続し、ランプレセプタクルの接地側は電源の接地側へと配線します。アウトレットボックスを通過する電線には接続点を設け、非接地側と接地側に区別してください。

最後に単線図 右側上部のランプレセプタクル部分の複線図を描きます。アウトレットボックスを通過する非接地側の電線接続点からランプレセプタクルの非接地側へ、ランプレセプタクの接地側はアウトレットボックス内の接地側電線接続点に繋ぎます。以上で複線図は完成です。

技能試験の候補問題No.7 候補問題No.7の複線図 候補問題No.7の完成予想図