候補問題 No.5の複線図

電源100V回路と電源200V回路が用いられた回路です。候補問題 No.4と似ていますが、電源200V回路は三相ではなく単相です。

電源100V回路の電源側には、コンセント回路、ランプレセプタクルと蛍光灯の点滅回路があります。電源200V回路には、接地極付きの20V250Vコンセントが設置されています。20V250Vコンセントには、D種接地工事が必要です。

複線図の描き方

電源100V回路の複線図に関しては、まずコンセント回路から描きます。配線用遮断器(B)の二次側からコンセントまで2本の線を引き、それぞれを非接地側と接地側に区別します。コンセントの非接地側とスイッチ「ロ」の非接地側、スイッチ「ロ」の非接地側とスイッチ「イ」の非接地側をわたり線で結びます。それから、スイッチ「ロ」の接地側とランプレセプタクルの非接地側を、スイッチ「イ」の接地側と蛍光灯の非接地側を繋ぎます。ランプレセプタクルと蛍光灯の接地側は、ジョイントボックス内の接地側電線に接続します。

電源200V回路の複線図に関しては、過負荷保護付漏電遮断器(BE)の二次側から接地極付き20V250Vコンセントまで2本の線を描きます。2P2E(2極2素子)の漏電遮断器が用いられた場合は、非接地と設置の区別はありません。技能試験当日、問題用紙と施工条件をよくご確認ください。
最後に、接地極からコンセントの接地極までアース線を引いて、複線図は完成です。

技能試験の候補問題No.5 候補問題No.5の複線図 候補問題No.5の完成予想図