候補問題 No.4の複線図

候補問題 No.4の単線図をみると、単相2線式100V回路と三相3線式200V回路が用いられています。単相2線式100V回路の電源側については、配線用遮断器(B)の二次側にコンセント回路と引掛けシーリングの点滅回路があります。三相3線式200V回路については、過負荷保護付漏電遮断器(BE)の二次側に電動機(モーター)と設置されています。

配線用遮断器(B)
配線用遮断器は、過負荷(過電流)と短絡から電路を保護するために設置します。図記号は四角の中に「B」と書きます。
過負荷保護付漏電遮断器(BE)
過負荷保護付漏電遮断器は、過負荷(過電流)、短絡、および地絡(漏電)から電路を保護するために設置します。図記号は四角の中に「BE」と書きます。

複線図の描き方

100V回路の複線図はコンセント回路から描きます。まず、配線用遮断器(B)の二次側からからジョイントボックスを経由し、コンセントまで2本の線を引きます。それぞれの線を非接地側と接地側に区別し、ジョイントボックス内において電線接続点を設けます。コンセントの非接地側からわたり線を出し、スイッチ「イ」の非接地側へ、スイッチ「イ」の接地側から引掛けシーリングの非接地側、引掛けシーリングの接地側はジョイントボックス内の接地側電線接続点へ繋ぎます。

200V回路の複線図は電動機の配線を最初に描きます。過負荷保護付漏電遮断器(BE)の二次側からジョイントボックスを経由し、電動機まで3本の線を引きます。それぞれの線をR相、S相、T相と区別し、ジョイントボックス内において電線接続点を設けます。(三相回路においてはR相、T相が非接地側、S相が接地側となります。)ジョイントボックス内の非接地側電線接続点(R相、T相 どちらでも可)から電源表示灯(ランプレセプタクル)の非接地側へ、電源表示灯の接地側からジョイントボックス内の接地側電線接続点へと接続します。

技能試験の候補問題No.4 候補問題No.4の複線図 候補問題No.4の完成予想図