候補問題 No.3の複線図

タイムスイッチが特徴の候補問題です。タイムスイッチで引掛けシーリング「イ」の点滅を、スイッチ「ロ」でランプレセプタクルの点滅させる回路となっています。さらにコンセント1個が設置されています。

タイムスイッチ
時計とスイッチを組みわせた器具で、所定の時間にスイッチの接点をオンオフする制御機器です。時計本体には常時電源が必要です

複線図の描き方

単線図から複線図に直す際のポイントは、常時電圧が掛かっている回路を最初に描くことです。候補問題 No.3で常時電圧が掛かっているのはコンセントとタイムスイッチの電源です。

まず最初に電源線からコンセントまで2本の線(電線)を引っ張ります。2本線はそれぞれ非接地側、接地側に区別し、ジョイントボックス内においては電線接続点を設けてください。

次にタイムスイッチの電源を配線します。右側ジョイントボックス内の非接地側電線から電源端子の非接地側へ、電源端子の接地側から右側ジョイントボックス内の接地側電線へと接続してください。引掛シーリングはタイムスイッチの負荷側端子へと接続します。どの端子に何を繋ぐのかは施工条件に従ってください。(タイムスイッチの代用品としては端子台が用いられます。)

最後にランプレセプタクルの点滅回路を描きます。左側ジョイントボックス内の非接地側電線よりスイッチ「イ」の非接地側へ、スイッチ「イ」の接地側から2つのジョイントボックス内を経由してランプレセプタクルの非接地側へと配線します。ランプレセプタクルの接地側は右側ジョイントボックス内の接地側電線接続点へ繋ぎます。

右側ジョイントボックス内の接地側電線接続点には4本の電線が接続されているでしょうか?完成した複線図をご確認ください!

技能試験の候補問題No.3 候補問題No.3の複線図 候補問題No.3の完成予想図