電線を圧着接続する

各配線器具への配線の取り付けが完了したので今度は、ジョイントボックス内で電線相互を接続します。電線相互の接続にはリングスリーブと、リングスリーブを圧着する工具「圧着ペンチ」を使用します。接続方法については圧着ペンチの使い方をご覧ください。

リングスリーブでの圧着接続今回はリングスリーブの小で圧着接続しますが、圧着ペンチのダイス(歯)は、電源の非接地側 と スイッチ&コンセント共用回路の非接地側は1.6mmが2本なので特小、それ以外は小を使います。

どの順番で圧着してもよいのですが、電線の本数が多くなるとリングスリーブに電線を通しにくくなる場合があります。ですので、リングスリーブで圧着接続する接続する電線の本数が多い順に圧着することをオススメします。

それでは、ジョイントボックス内の電線接続箇所をリングスリーブで圧着接続して下さい!

電気工事士技能試験の完成図できましたか?
接続が完了すると、最後に接続箇所の間違いや圧着ペンチのダイス選定ミス、リングスリーブの中央部に圧着マークがあるか、あやしい箇所がないか入念に点検して下さい。

点検が終了すると、技能試験の判定員が見やすいように電線や器具の配置を整えて下さい。ぐちゃぐちゃのままにしておくと判定がしにくいので、判定員が作品を触って入念にチェックしようとします。ここで思わぬ不良箇所を発見されたり、リングスリーブで圧着接続した箇所が抜けたりしては大変です。

ですから作品が完成したら単線図のように垂直、水平に電線を配置して、リングスリーブの接続箇所も見やすいように広げといてください。