電線をペンチで切断する

複線図を描くと、使用する電線や本数、電線の接続箇所がよくわかると思います。それでは、これから前回に描いた複線図に従って施工していこうと思います。

最初は各配線器具や配線材料の組み立てをすると良いでしょう!
埋込連用器具を埋込連用取付枠に固定したり、アウトレットボックスに金属管もしくは合成樹脂製可とう電線管(PF管)を取り付けたり、アウトレットボックスのケーブル引出口に絶縁ブッシングを取り付けたりと各配線・材料等の組み立てが必要な場合は組み立てを行ってください。

その後、複線図にしたがって電線を必要な長さに切断します。詳細は以下をご覧ください。

電気工事士技能試験の材料まず最初に、連用取付枠に埋込連用コンセントと埋込連用タンブラスイッチを取り付けます。連用取付枠には3つの埋込器具が取り付けれるのですが、今回は2つの埋込器具しか使いませんので連用取付枠の真ん中を開けて上下に取り付けます。

基本的にはコンセントは下部、パイロットランプやスイッチは上部に取り付けますが、例外もありますので単線図や施工条件に従って下さい。

埋込連用枠連用取付枠へ三路スイッチとコンセントを取り付けます。
連用取付枠への器具の取り付けに関してはこちらを参照して下さい。

電線の切断次に、電線をペンチで必要な長さに切断します。前回描いた複線図を参照すると、連用取付枠側の電線は3本必要ですのでVVFの3芯を、それ以外の3箇所にはVVFの2芯を使います。

電線を切断する長さは、
完成時の長さ150mm + (電線の外装の剥ぎ取り分 60mm 〜 80mm × 2)
です。

VVFの2芯が3本必要なので電線の外装の剥ぎ取り分を80mm にすると
(150mm + (80mm × 2)) × 3(本) = 930mm
となり、支給されているVVFの2芯 900mm では短いので今回は300mmで3本に切断します。いい加減な電線長さの求め方かもしれませんが、単線図(配線図)に示された寸法より著しく短くなければ欠陥になることはないので、大まかに切っても支障はないのです。

また、わたり線が1本必要ですので、VVFの3芯の一部を切って作成することにします。わたり線に関しては70mmあれば十分なので
VVF3芯の長さ 350mm − 70mm = 280mm
で切断します。

電工ナイフと電線の長さ電線を切ると、今度は、電工ナイフで外装を剥ぎ取ります。ジョイントボックス側は全てリングスリーブで接続しますので、外装を60〜80mm程度剥ぎ取って下さい。

ちなみに管理人が使用している電工ナイフの刃の部分が約60mmです。電工ナイフに目印になるものがあれば長さを測る手間が省けるので、目印になるものを入れておくことをオススメします!

今度はジョイントボックスとは反対側のVVFの外装を剥ぎ取ります。電源側は加工する必要がないのでそのままとし、角形引掛シーリング側は25mm程度、それ以外は60〜80mm程度外装を剥ぎ取ります。

わたり線はVVF3芯を70mmに切った部分を使います。外装を切るなり、芯線を抜き取るなりしてわたり線を作って下さい。

これで電線の切断は終わりです。次回から各器具を取り付けながら組み立てていきたいと思います。