複線図を描く

技能試験で与えられる課題の配線図は単線図であり、電気的な接続は示されておりません。そこで、電気的な配線や電線の接続箇所を把握するため、複線図に直す必要があります。単線図から複線図に直すこと自体はそれほど難しくなく、ちょっとしたコツをつかめばパズルを解くような感覚で考えることができます。それでは、これからその複線図の描き方を単線図を元に解説したいと思います。

複線図の描き方について

技能試験の問題用紙に描かれた単線図では、電線の配置やリングスリーブの接続点がなどがよく分からないと思います。そこで電気の流れる道を詳細に描いた電気回路図「複線図」を描くことが大切となります。

複線図を描けなければ電気工事士試験に合格はできない!といっても過言ではありません。
(単線図を見ただけで全てを理解できる人は別です!)

それでは実際に複線図を描いてみましょう!

ジョイントボックスと配線器具を描くまず最初に電線以外の部品、スイッチやコンセント、ランプレセプタクルを描きます。青色の円はジョイントボックスです。

次に単線図を参考にして、施工条件に適合するように電線を描いていきます。

※ここでは分かりやすく説明するため、非接地側から接地側に電流が流れるものと仮定します。

複線図の描き方 その1まずコンセントには常時給電されているので、
電源(非接地側) −> コンセント −> 電源(接地側)
の順に電流が流れるように電線を描きます。

施工条件により、ジョイントボックスを経由する電線は全て接続箇所を設けることになってますので、ジョイントボックス内の電源の接地側電線とコンセント回路の接地側電線が交わる部分、電源の非接地側電線とコンセント回路の非接地側電線が交わる部分に接続点を設けて接続点を黒く丸で塗りつぶします。

複線図の描き方 その2次は埋込連用タンブラスイッチ(以下、スイッチとする)から負荷までの電線を描きます。この部分の電流は、
電源(非接地側) −> スイッチ−>
角形引掛シーリング と ランプレセプタクル −>電源(接地側)

の順に流れます。

原則として、スイッチなどの開閉器類は非接地側に、負荷は接地側に設置することになってますので、
非接地側電線−>スイッチ−>負荷−>接地側電線
の順に電流が流れるように電線を描かなければなりません。

もし、非接地側電線 −> 負荷 −> スイッチ −> 接地側電線の順に電流が流れるようにすると、負荷には常時電圧が印加されていることになり誤って充電部分に触れた場合には大変危険となります。

原則通り、非接地側電線 −> スイッチ −> 負荷 −> 接地側電線 の順に電流が流れるように回路を形成していると、もし負荷の充電部分に触れても、スイッチがオフなら負荷に電圧は印加されておらず、またオンの場合でも誤って触れた充電部分が接地側なら電位が大地と同等となりますので安全なのです。(非接地側の充電部分に触れた場合でも、漏電遮断器が設置されていれば直ちに該当電路が遮断されますので安全です。)

電源の非接地側からスイッチにいたる線はコンセント回路と共用することが出来ますので、コンセントから”わたり線”を出してスイッチの非接地側まで線を描きます。トグルスイッチにも原則として接地側と非接地側があり、常時電圧が印加されている部分が少ないほう、つまり可動部分がないほうが非接地側になるのです。

複線図の描き方 その3今度は、スイッチの接地側から負荷、電源接地側までの電線を描きます。負荷である角形引掛シーリングとランプレセプタクルは連動しているので、ジョイントボックス内にスイッチの接地側電線と負荷の非接地側電線の接続点を設けて並列に接続してください。負荷の接地側電線は、先程、ジョイントボックス内に設けた電源非接地側の接続点に接続して下さい。

これで、ジョイントボックス内の接続点は3箇所です。この接続点がリングスリーブでの圧着接続箇所になります。
できましたか?

複線図の完成最後に電線の色を書いて下さい。施工条件のように非接地側は黒色、接地側は白色、残りの線が赤色です。

以上で複線図が完成しました。この複線図を基に、これから電気の配線を進めていきます。