ワイヤーストリッパー

ワイヤーストリッパーは、VVFやIV線などの電線の絶縁被膜をワンタッチで剥ぐことが出来る便利な工具です。この工具は電気工事士技能試験でも使用可能で、実際の現場でも欠かせない道具となっています。

ワイヤーストリッパーについて

ワイヤーストリッパー左記写真の工具がワイヤーストリッパーです。この工具は、芯線の皮膜しか剥ぎ取れません。

5000円以上するVVFの外装まで剥げるタイプもありますが、技能試験のためだけに購入するのはオススメできません。2500円程度の芯線のみの絶縁皮膜が剥げるワイヤーストリッパーで十分だと思います。私の会社にも両タイプのワイヤーストリッパーがありますが、使用しているのは芯線のみのタイプのみです。

VVFの外装なんて慣れちゃえば電工ナイフで切っちゃた方が早いし、芯線の長さが違えば使えないし...

ワイヤーストリッパーの使い方

ワイヤーストリッパーの刃まず最初に、絶縁皮膜を剥ぎたい位置にワイヤーストリッパーの刃を当てます。電線のサイズによって刃の位置が違いますから注意して下さい。

ワイヤーストリッパーの使い方 その1ワイヤーストリッパーの柄を軽く握り電線を固定します。

ワイヤーストリッパーの使い方 その2刃のサイズと電線のサイズが一致していることを確認してワイヤーストリッパーの柄を強く握ります。

ワイヤーストリッパーの使い方 その3ほら、簡単に絶縁皮膜が剥げました。