VA線ストリッパー

VA線ストリッパーとは、電線の芯線絶縁皮膜はもちろんのこと、VA線(VVFケーブル外装)までもワンタッチで剥ぐことが出来る便利な工具です。(現在の電気工事士技能試験では使用可能な工具となっています。)

VA線ストリッパーについて

VA線ストリッパー左記写真の工具がVA線ストリッパーです。VA線ストリッパーとワイヤーストリッパーの基本的な構造は一緒ですが、唯一異なる点がケーブル外装を剥ぐための刃が付いているか付いていないかです。

この工具を使えば、今まで苦労していたVA線(VVFケーブル)の外装及び絶縁皮膜の剥ぎ取り作業もレバーを2回握りこむだけで完了です。

VAストリッパー自体はちょっと高価ですが、VA線(VVFケーブル)の加工時間は大幅に短縮されます。

VA線ストリッパーの使い方

VA線ストリッパーの使い方まず最初に、VVFケーブルの外装を剥ぎたい位置にVA線ストリッパーの刃を当てます。VA線ストリッパーには刃が2枚付いており、平らなほうがVVFケーブルの外装用、ギザギザがあるほうが電線芯線の絶縁皮膜用です。

VVF2芯または3芯かによって刃を当てる位置が決められている場合がありますので、お使いのVA線ストリッパーの取扱説明書を参照して下さい。

VA線ストリッパーでケーブル外装を剥ぐ その1VA線ストリッパーのレバーを軽く握って、VVFケーブルを固定します。

VA線ストリッパーでケーブル外装を剥ぐ その1ケーブルの外装剥ぎ取り長さに間違いがないことをよく確認してレバーを引きます。

ケーブル外装の剥ぎ取り完了ほら、簡単にケーブルの外装が剥げました。

電線芯線の露出ケーブルの外装を引き抜いて電線芯線を露出させます。

VA線ストリッパーで絶縁被膜を剥ぐ その1次は電線芯線の絶縁皮膜を剥ぎとります。芯線剥ぎ取り用の刃(ギザギザがあるほう)の谷間に電線を添えます。

VA線ストリッパーで絶縁被膜を剥ぐ その2レバーを軽く握って電線を固定します。

VA線ストリッパーで絶縁被膜を剥ぐ その3絶縁皮膜の剥ぎ取り長さに間違いがないことを確認したらレバーを引きます。

芯線の絶縁被膜ほら、簡単に電線芯線の絶縁被膜が剥げました。

芯線の絶縁被膜の剥ぎ取り完了絶縁皮膜を引き抜いて芯線導体を露出させます。