電工ナイフ

電工ナイフはペンチ、ドライバとともに電気工事士技能試験はおろか電気工事には欠かせない必携工具の一つです。絶縁電線やケーブルの皮膜を剥ぎ取ったりするのに必要不可欠な電工ナイフ、電工ナイフは自分の手にフィットするものを選びたいものです。

現在の技能試験では電動工具以外の工具は何でも持ち込み可能です。が、電工ナイフの代わりにカッターナイフを使用するのはあまりオススメできません。カッターナイフは電工ナイフに比べて切れやすく、ちょっと手元が狂えば簡単に電線の絶縁部まで傷をつけてしまいます。
余談ですが、試験中にナイフで手を切って出血が止まらずに途中退出した人もいるそうですよ!

管理人愛用の電工ナイフ

電工ナイフの外見管理人の愛用する電工ナイフは、未来工業のデンコーマックという製品です。刃の折り畳みが不要で、ケース付きなのでナイフの出し入れがスムーズに行えます。グリップは握りやすくフィット感のある滑りにくいゴム製です。

電工ナイフの本体さらにVVFケーブルの割線と皮むき機構も付いています。(管理人はこの機構は使ってません。ワイヤーストリッパーを使用するほうが便利だからです。)

自分愛用の電工ナイフを使いこなして技能試験に挑みましょう!

ケーブルの外装剥ぎ取り(皮むき)

ケーブル外装に電工ナイフの刃を入れるケーブルをまっすぐにして、外装を剥ぎ取る位置に電工ナイフの刃を入れます。

ケーブル外装の全周に切込みを入れる電工ナイフを持った右手は固定して、ケーブルを左手で回しながら全周にわたって切込みを入れます。

外装の切込みは肉厚の半分程度外装の中のケーブル芯線に傷を入れないように、外装の肉厚の半分程度まで刃を入れます。

電工ナイフの使い方 その1ケーブルの切断面の芯線と芯線の間に電工ナイフの刃を入れます。

電工ナイフの使い方 その2/滑らすように電工ナイフを動かします。

電工ナイフの使い方 その3外装を剥ぎ取る位置の数ミリ手前まで外装を切ります。

ケーブル外装の取り外しケーブル外装を取り外します。外装を引っ張ると簡単に取れます。はずれない場合はペンチで引っ張って見て下さい。

ケーブル外装の剥ぎ取り完了この方法は素早く外装を剥ぎ取れますが、慣れていないと芯線の絶縁皮膜まで切ってしまうことがあります。
技能試験前によく練習をして下さい!

電線の被膜剥ぎ取り

電線を接続したり、電気器具の端子に差し込んだりするには電線の絶縁被膜を剥ぎ取らなければなりません。今の電気工事士技能試験では、ワイヤーストリッパーというとても便利な工具を使用することが出来ます。が、ワイヤーストリッパーでは手に負えない短い電線の皮膜を剥ぎ取る場合には電工ナイフに頼るしかありません。

今回は、電気工事の基本中の基本である電線の絶縁皮膜の剥ぎ取りを電工ナイフを使ってやってみたいと思います。電線被膜の剥ぎ取りには鉛筆むき直角むきの2種類があります。

鉛筆むきについて

鉛筆むきは絶縁皮膜の切断面が鉛筆を削ったときのようになります。

鉛筆むき その1電工ナイフを電線の末端とは反対側に寝かせて刃を入れます。

鉛筆むき その2鉛筆を削るように皮膜を削ります。
この方法が使えるのは、ある程度の硬さがあるVVFなどのように1本の導体で出来た単線だけです。IV線などのより線は柔らかすぎるので鉛筆むきは無理です。直角むきをして下さい。

直角むきについて

直角むきは電線皮膜の切断面が電線に対して直角になります。

直角むき その1電工ナイフの刃を電線に対して直角に入れます。

直角むき その2電工ナイフを持った右手は固定して、電線を持った左手を動かして電線被膜の全周に刃を入れます。
この直角むきは、刃を入れすぎると電線の芯線まで傷をつけてしまいますので十分に注意して下さい。芯線を損傷させた場合は欠陥となりますので、減点の対象となります。

鉛筆むきと直角むきどちらが、鉛筆むきなのか直角むきなのか一目瞭然でしょう!