電線に輪を作る

露出型コンセントやランプレセプタルに電線を接続する場合、電線に輪を作ってビス止めしなければなりません。この輪を作る行為は簡単そうに見えますが実際に作ってみると案外難しく、ちょっとしたコツが必要なんです。
ここでは、そのコツを説明しながら実際に輪を作ってみようと思います。

輪の作り方

絶縁被膜の剥ぎ取り長さまず最初に電線の絶縁被膜をペンチよりちょっと大きめにカットします。

ペンチで芯線を曲げるペンチで芯線を挟んで、90°曲げます。

輪の作り方 その1芯線の先端部をペンチで挟みます。

輪の作り方 その2ペンチをくるっと回して芯線を丸めます。

輪の作り方 その3芯線はこういう形になってるはずです。

輪の作り方 その4芯線の先端を写真のように挟んで、もう一度ペンチをくるっと回します。

輪の完成芯線は輪の形に形成されます。

輪の微調整あとはきれいな丸になるように微調整します。ちょっとしたコツをつかめば簡単にできるようになります。