電線と器具の接続

電気工事士技能試験は、支給された配線器具や電線などを相互に接続して簡単な配線を施工する試験です。配線器具には一般住宅でも使用されているコンセントやスイッチ、パイロットランプなどの埋込連用器具や、引掛シーリングなどが使用されます。

技能試験では、それらの配線器具に電線を接続して回路を施工するため、それらの正しい取り扱い方を知らないと施工不良で減点されるかもしれません。ですから、配線器具や電気材料の正しい取り扱い方ををマスターして、万全の体制で技能試験に臨んでくださいください。