油圧式圧着工具

電気工事士技能試験において油圧式圧着工具を使うことはありませんが、 実際の電気工事においては、14cm2を超える裸圧着端子、またはスリーブと電線との接続には油圧式の圧着工具が使用されています。

工場やビルなどの電気工事においては、22mm2や38mm2といった断面積の大きい電線が多数使用されており、また容量の大きい開閉器や電磁接触器などの機器、あるいは端子台等への電線の接続は、サイズの大きい丸型端子やY型端子などが使用されることが多いため、油圧を利用した圧着工具が用いられています。

油圧式圧着工具とは何か?

手動油圧式の圧着工具片手で操作のできる片手式圧着工具は、14mm2以下の呼び寸法の圧着端子やスリーブと電線との接続に使用されています。それを超えるサイズの端子には、手動両手式、油圧式あるいは電動式の圧着工具を使用しないといけません。

ここでは、油圧式圧着工具(左記写真)の使い方を解説します。油圧式圧着工具で圧着接続できるのは、
14/22/38/60/70/80/100/150mm2
程度の圧着端子またはスリーブです。油圧式圧着工具によって対応可能な端子のサイズは異なりますので、使用の前によく取扱説明書等をよくご覧ください。

使用する端子、またはスリーブは電線のサイズ及び本数に応じて適切なものを選定してください。

裸圧着端子
裸圧着スリーブ
サイズ(呼び寸法) 電線抱合容量(mm2)
14 10.52〜16.78
22 16.78〜26.66
38 26.66〜42.42
60 42.42〜60.57
70 60.57〜 76.28
80 76.28〜 96.3
100 96.3 〜117.2
150 117.2〜152.05

ダイスについて

油圧式圧着工具のダイスさまざまなサイズの端子に対応するため、ダイスは交換式となっています。この油圧式圧着工具の場合には2種類のダイスがあり、装着する方向を変えることにより、14/22/38/60mm2に対応することができます。

ダイスには対応する圧着端子のサイズ(呼び寸法)が明記されていますので、使用する圧着端子の大きさに応じて適切なダイスを選定してください。

油圧式圧着工具の使用前準備

圧着と解除のダイヤル圧着と、圧着を解除するためのダイヤルが油圧式圧着工具には取り付けられています。ダイヤルを時計方向に回すと圧着、反時計方向に回すと解除となります。作業を終了した後には一旦圧着を解除して、ダイヤルを時計方向(圧着側)にセットした状態で収納(保管)してください。

また、使用前にはダイヤルが確実に時計方向にセットされていることを確認してください。ダイヤルが反時計方向にセットされていると、いくらハンドルを操作してもダイス部が動作(ダイスが上昇しない)しません。

ダイスの装着左記写真のラベルにも記載されていると思いますが、故障の原因となりますので空圧着はしないでください。空圧着とはダイス部に端子及び電線をセットしていない状態で圧着作業を行なうことです。

ダイスは上方向(左記写真で)に引っ張ると簡単に外すことができますので、適切なサイズのダイスを油圧式圧着工具にセットします。セットした状態で見える数字がダイスのサイズとなります。左記写真の場合は呼び寸法14のダイスを装着した状態です。

油圧式圧着工具の基本的な使い方

それではこれから油圧式圧着工具の使い方を写真を交えて解説します。

油圧式圧着工具の持ち方操作するハンドル側を上、反対側のハンドルを下(床、地面)、つまり起こした状態で油圧式圧着工具を使用すると作業しやすいです。

圧着端子をダイス部に仮止めまず片手で油圧式圧着工具のハンドルを操作して、圧着端子をダイス部に仮止めします。端子が変形しない程度、ダイス部から抜けない程度に固定してください。

圧着端子に電線を挿入圧着端子に絶縁皮膜を剥いだ電線を挿入します。
絶縁皮膜の剥ぎ取り長さは、電線の芯線部が端子のろう付部からおよそ1mm程出る程度です。リングスリーブのときは後から端末処理ができますが、端子の場合には端末処理が簡単にはできません。ですから圧着接続前に絶縁皮膜を適切な長さに剥ぎ取ってください。

油圧式圧着工具で圧着開始電線が端子から抜けないように注意し、圧着完了のショック(定圧弁が動作するまで)を感じるまでハンドル操作を繰り返します。

油圧式圧着工具の圧着解除ダイヤルを反時計方向に回すと、ダイス部が引っ込んで圧着が解除されます。

圧着接続の完了圧着接続の完了です。写真ではちょうど反対側になりますが、使用したダイスが確認できるよう端子に圧着マークが付いています。