技能試験の電気材料と練習材料セット

技能試験の練習では、VVFケーブルをはじめランプセレクタルや引掛けシーリング、埋込連用器具などの配線器具、リングスリーブや差込式コネクタなどの電線や接続器具が必要不可欠です。電線や配線器具など電気工事士用の材料(電材)の大半はホームセンターなどで手に入れることが可能ですが、アウトレットボックスやカップリング、ロックナットなど電線管の付属品などは簡単に入手できないのが現状です。
ここでは、技能試験の練習に必要な電材について紹介したいと思います。

電線について

配線器具は何度でも繰り返して使用できますが、電線は何度も使いまわしができませんので長めに準備しておく必要があります。特に電線は切ったり、曲げたり、接続したりと一番練習で使用する電気材料です。電線はホームセンターなどでお手軽に入手できますが、インターネットでも購入可能です。

電線の賢い使い方

管理人が電気工事士試験を受験した頃に比べて、現在は電線の価格も倍以上に高騰しています。
(当時はVVF1.6mm×2芯の100m巻きが2000〜3000円で購入可能でした。)
電線は消耗品なので、使えば使うほどコストがかかってしまいます。

そこで電気工事士である管理人からのアドバイス、「電線は短くなるまで使い切りましょう!」

電線は例え5cmの長さでも技能試験の練習材料として使えます。例えば、絶縁皮膜を剥ぎ取る訓練、配線器具にネジ止めするための「の」の字加工のトレーニングなど工夫次第でいろいろな練習が出来ます。例え絶縁皮膜がなくなっても、銅線部が5cmあればねじり接続も出来ます。電線は短くなるまで使い切ってこそ、最高の練習となるのです。

IV線はVVFケーブルから調達

IV線(単線)とVVFケーブルの違いは何だかわかりますか?
電線を保護する外装が付いているか付いていないかだけです。ですから短くなったVVFケーブルの外装を剥げばIV線(単線)が出来上がり、技能試験のトレーニングに活用することができます。

配線器具について

前述しましたように、配線器具はホームセンターなどで簡単に入手できます。ところが、アウトレットボックスや合成樹脂可とう電線管、第一種電気工事士技能試験で使用するブロック端子などはホームセンターでは入手しにくいのが現状です。

現実に、管理人も技能試験を受験するときに練習材料の入手で苦労しました。電線や埋込連用器具などはホームセンター購入できたのですが、アウトレットボックスやコネクタ、ブッシングなどは店頭では入手できませんでした。結局は電材卸店で購入したのですが、一般価格での販売のため割高でした。

電材卸店では電気工事士技能試験で使用する電線や材料の大部分が入手できますが、格安の業者価格でなく一般価格での販売となることが多いですから必ずしもお得とは限りません。ですが、インターネットなら業者価格並みの安さで変えることもあります。

練習材料セット

第一種もしくは第二種電気工事士試験に必要な配線器具類が全て揃っていますので、これさえあれば技能試験のトレーニングもバッチリできます。また、練習に必要な材料が1回の注文で手に入るので、手間も省け時間の節約にもなります。ケーブルや電線もセットに含まれていたら最高なんですけどね...