技能試験で使用する工具

電気工事士技能試験では持参した工具や支給された電線、配線器具などの材料を使用して、決められた時間内で作品(簡単な電気の配線)を完成させます。技能試験に最低限必要な工具は7点ですが、現在では電動工具以外の全ての工具を使用することができます。(テスターなどの計測機器は使用不可)

技能試験の受験の際に必要な指定工具は、電工ナイフ、ペンチ、ドライバー(プラス、マイナス)、ウォータポンププライヤー、スケール及びリングスリーブ用圧着ペンチの6種7点です。(第二種電気工事士技能試験はもちろん第一種電気工事士技能試験において出題される問題は、指定工具のみで施工できるように考慮されています。)

電工ナイフ

HOZAN 電工ナイフ

一般的には電工ナイフと呼ばれるものが使用されています。
電工ナイフは絶縁電線やケーブルの皮膜、外装を剥ぎ取ったりと主に電線の加工に用いられており、電気工事士においては欠かせない工具のひとつです。また、梱包材のひもを切ったりと本来の用途以外にも使用されます。

電工ナイフを購入するときは、安全のためナイフの先端が尖っていないものを選んでください。折り畳み可能なものやケース付きのものを選ぶと、持ち運びに便利ですよ!

電工ナイフ「デンコーマック」

管理人が愛用している未来工業の電工ナイフ「デンコーマック」で、技能試験の際にもお世話になりました。。ベルト掛けができるケース付きなので電工ナイフの出し入れがスムーズに行えます。片手でさっと抜いて、さっと収納。ロック機構付きなので、ケースに収めていれば落ちることもありません。

ホールド感のあるゴム製のグリップで切れ味もグッドですから、長時間の作業になりがちな電気工事士の皆様にもおすすめの工具です。

ペンチ

HOZAN ペンチ

ペンチの主な用途は電線を切断することですが、電線の接続作業時や電線の曲げ加工、配線器具にネジ止めするための輪の作成など用途は多種多様です。

ペンチのサイズにもさまざまなものがありますが、電気工事士試験や一般屋内配線などでは全長150mmもしくは175mmのものが手ごろだといわれています。

フジ矢(FUJIYA) ペンチ

ペンチの値段は、切れ味と刃の耐久性に比例するといってもいっても過言ではありません。
同サイズのペンチを比較した場合でも、高価なものほどらくらくと大きな電線も切断できます。また刃の耐久性も抜群で、使い方を間違えなければ技能試験終了後も長年使用することも可能です。プロ用ペンチでは、国内トップシェアを誇る工具メーカーのフジ矢が有名です。

プラスドライバー、マイナスドライバー

HOZAN 電工ドライバー +NO.2D-332-100

配線器具と電線とのネジ止めや、ボックスなどを造営材に取り付けるための木ネジにはプラスのものが多く使われています。プラスドライバーの用途は、主にそれらのネジを締め付けることです。電気工事士は握り部分が大きい電工ドライバーと呼ばれるものをよく用いています。

HOZAN 電工ドライバー -6.0×1.0D-331-100

マイナスドライバーはネジを締めることだけの工具ではありません。連用取付枠にコンセントやスイッチなどの埋込連用器具を取り付けたり、マイナスドライバーの先端を配線器具のはずし穴に差し込んで電線を抜いたりと、技能試験ではプラスドライバー以上に大活躍の工具です。

リングスリーブ用圧着ペンチ

LOBSTER(エビ印)圧着ペンチ(圧着工具)

リンススリーブを用いて電線相互を圧着接続するときに使用するペンチの一種です。
電気工事士 技能試験においては、圧着したときにJIS C 9711に適合した圧着マーク(○、小、中、大)がリングスリーブに刻印されることが求められています。

圧着ペンチ(圧着工具)にも数種類ありますので、購入するときには間違えないように、左の写真のようにリンススリーブ用のペンチの柄が黄色のものを選んでください。

ウォータポンププライヤー

HOZAN ウォーターポンププライヤー

金属管工事などにおけるカップリングの取り付けやロックナットの締め付け、接地のためのクランプの取り付けなどウォーターポンププライヤーの用途は多種多様です。
ウォーターポンププライヤの歯と歯の幅は五段階に切り替えることができるので、金属管や金属管用の付属品などの丸いものをガチリと挟むことができます。

技能試験においては、ウォーターポンププライヤーの全長が255mm程度のものがよく使われています。

スケール

メジャー(両面フリータイプのコンベックス)

スケールは、電線を切断するときの切断長さや、電線の絶縁被膜を剥ぎ取るときの剥ぎ取り長さを測定するために使います。
(実際の技能試験においては、配置位置や寸法は極端に長かったり短かったりしなければ良いのでスケールで正確に計る必要はありません。)

ENGINEER 直尺

一度でも電気工事士試験を受験されたことがある方にはご理解いただけると思いますが、試験会場の机の作業スペースはかなり狭いんです。ですので場所をとる巻尺よりは平らな直尺を使用したほうが、狭い作業スペースを有効に活用できるかも!?

工具セット

HOZAN 電気工事士技能試験セット

第一種及び第二種電気工事士に必携の基本的な工具が入ったセットです。
必要なものが全て揃っていますから、はじめで技能試験を受験される方にオススメです。

付属のツールケースは収納だけではなく腰袋としてもご利用いただけますので、ベルトを巻いて着席すれば狭い作業デスクも有効に活用することができます。

工具セットモンジュSHOPスペシャル

電工ナイフや圧着ペンチなど必携の7つ指定工具が揃っていますので、これさえあれば技能試験もばっちりです。収納用のハードケースがセットになっていますので、電気工事士試験に合格後は工具ボックスとしてご利用いただけます。

管理人おすすめの工具

管理人が技能試験に持参した指定工具以外で唯一のアイテムです。

ワイヤーストリッパー

ワイヤーストリッパーは電線被膜の剥ぎ取り器です。電線の絶縁皮膜をワンタッチで剥ぎ取ることが可能ですので、試験時間の短い技能試験では今や欠かすことの出来ない工具となっています。電線の太さに対応した切り刃を使用しないと芯線に傷が付くことがありますので、使用時には注意が必要です。

あったら便利な工具

現在の電気工事士試験では、このような工具も使用することができます。

VESSEL(ベッセル) VAストリッパー

このワイヤーストリッパーは電線の絶縁被膜だけでなく、VVFケーブルの外装まで剥ぎ取ることが出来る優れものです。今まで電工ナイフで剥いでいたVVFケーブルの外装も、ワンタッチで剥ぐことが出来ますので作業時間の大幅な短縮をすることができます。

VVFストリッパー

この工具の一番の特徴は、先端部にあります。VVFストリッパーの先端部はラジオペンチのように細い形状をしていますので、今まで苦労していた配線器具にネジ止めするための「の」の字曲げ加工も簡単にできるようになりました。さらに外装皮膜用のストリップ刃や芯線用のストリップ刃も付いており、ペンチ、ラジオペンチ及びワイヤーストリッパーの機能が付いた究極の道具であるといえます。

今流行のエコ電線もきれいに切れますので、技能試験においても大活躍することでしょう。


このページでご紹介した電気工事士用の工具は、楽天市場内のモンジュSHOPで購入することができます。