第二種電気工事士免状の申請方法

技能試験に合格してただけでは第二種電気工事士を名乗ることはできません。なぜなら免状がないからです。免状自体は都道府県知事に交付申請することにより取得できます。
それではこれからその第ニ種電気工事士免状の申請方法について解説したいと思います。

免状申請に実務経験は必要か?

第二種電気工事士の免状申請は実務経験の有無に関係なく行えます。ですから技能試験の合格通知が手元に届いた時点から免状申請が可能となります。

第ニ種電気工事士免状の交付申請

都道府県知事に第ニ種電気工事士免状を発行してもらうため交付申請をしましょう!
免状の交付申請に必要な書類や提出先は以下を参照してください。

必要な書類等について

第ニ種電気工事士試験の合格者が免状の発行を申請するときには以下の書類が必要です。都道府県により提出書類が異なる場合がありますので事前にご確認を!

申請書類の提出先

申請書類は、なるべく各都道府県の担当部署(県もしくは住所地を管轄する県の出先機関など)に持参してください。間違った箇所があるとすぐに訂正できますので、郵送の場合に比べて電気工事士免状が早く手にできます。

また印鑑が必要な場合がありますので、申請書類を持っていくときには印鑑を持参したほうが良いでしょう!