ギボシ端子用の電工ペンチは圧着ペンチとして使えるの?

ギボシ端子のかしめや圧着、配線コードの切断、絶縁被覆の剥ぎ取りなど、自動車業界で広く利用されている電工ペンチがあります。この電工ペンチは、電気工事士技能試験においてリングスリーブの圧着に使用できるのでしょうか?

リングスリーブの圧着は、リングスリーブにJIS C9711:1982・1990・1997に適合する圧着マークが刻印されることが求められます。JIS C9711は屋内配線用電線接続工具について以下の事柄などが規定されています。

ギボシ端子用の電工ペンチは成形確認機構もついていませんし、圧着後の刻印(○、小、中、大)もされませんので電気工事に使用することはできません。

電気工事に使用する圧着ペンチは、JISの「屋内配線用電線接続工具・手動片手式工具・リングスリーブ用」(JIS C9711:1982・1990・1997)の規格のもの(圧着ペンチの握り部分が黄色のもの)をご使用ください。圧着ペンチの握り部分が黄色であっても、海外製のリングスリーブ圧着工具は日本の電気工事では使用することができません。

JIS C 9711に適合していない圧着ペンチを電気工事士技能試験に使用した場合や、リングスリーブに圧着マークが刻印されていない場合は欠陥の対象となります。