技能試験で電動工具やテスターを使用してもいいの?

電気工事士技能試験は、配線図で与えられた問題を支給される材料と持参した作業用工具で一定時間内に完成させる試験です。

最低限必要な作業用工具(指定工具)はペンチ、ドライバ(プラス・マイナス)、ナイフ、スケール、ウォーターポンププライヤ及びリングスリーブ用圧着工具で、電動工具以外なら全ての工具を使用することができます。100V電源が必要な電気ドライバドリルはもちろんですが、充電式ドライバドリル等の電動工具も使用できません。

そもそも試験問題は、前記6種類7つの指定工具のみで施工できるように配慮されています持参する工具の数量に制限はありませんが、作業用机が狭いですので、指定工具+α(数点)に抑えるべきです。

ナイフの代わりにカッターナイフも利用できますが、電気技術者試験センターは自粛するように試験案内で通知しています。近年、カッターナイフで怪我をし、手当てのために退出される方が増えているそうですので、カッターナイフを使用される受験者の皆様は十分に注視してください。

また、テスター(回路計)などの計測機器も利用できません。テスターを技能試験に持ち込んでいた場合、使用していなくても不正行為とみられる場合があります。不正とみられる行為をした場合、試験監督員に強制退場を命じられることもありますので、電動工具やテスターの電気工事士試験会場への持ち込みは自粛してください。