電線の長さなんて適当でいいのだ!?

よく電気工事技能試験の参考書に、
(例 施工条件が150mmの場合)
VVFを300mmに切断して、電線の両端の外装を80mm切って、芯線の長さが20mmになるように電線の絶縁皮膜を剥いでください。
などと書かれていますが、はっきりいって電線の長さなんか許容範囲内であれば適当でいいんです。

許容範囲、つまり電気工事士技能試験の合否の基準となる寸法相違の項目、配線図に示された寸法と著しく違うものに接触しなければ良いのです。施工条件が150mmの場合は、誤差が50%以内、つまり75mm〜225mmのなかに入っていればOKだと思ってください。

昔の電気工事士技能試験における寸法相違の合否判断の基準は誤差が50%以内でしたが、現在の電気工事士技能試験における合否の基準は著しく相違です。著しく相違の基準となる寸法誤差の範囲は明確に示されていませんので、合否判断の基準は判定員にゆだねられると考えられます。管理人の経験値としては、技能試験の単線図及び施工条件に示された寸法の50%程度の誤差以内であれば間違いなく大丈夫のはずです。

管理人は技能試験を合計3回受けています。1回目の第二種電気工事士技能試験では、参考書のように電線の長さを測ってましたが不合格でした。2回目の第二種電気工事士技能試験、3回目の第一種電気工事士技能試験では、施工条件及び単線図にしたがって電線を施工条件に合うように切断する際に電線の長さを大雑把に測ったぐらいです。

施工条件が150mmなら電線を約300mm程度に、施工条件が200mmなら電線を約350mm程度にカットします。後は電線の外装を自分の感覚で5〜8cm程度剥いで、芯線の絶縁皮膜も接続方法や接続機器に合わせて目分量でカット。管理人はこれで合格しました。ですから、電線の長さなんか誤差の目安をおよそ50%以内にすれば目分量でいいんです。いちいち参考書に記載されている電線の長さ通りに施工すれば タイムオーバーで不合格間違いなしです。